入会のご案内   | 交通案内   | リンク   | サイトマップ

トップページへ NPO推進ネットの主な事業内容 NPO関連予算 NPOメンバーズカードのご紹介 ごあいさつ NPO推進ネット役員紹介

■ バックナンバー

平成30年度:NPO関連予算ヒアリングの概要

平成30年度NPO関連予算公開ヒアリング
 恒例の「NPO関連予算ヒアリング」は、今回民進党単独で、昨年同様約半月遅れの2/28(水)、民進党本部で開催されました。
 まず、NPO推進ネット理事長:高比良正司が、これまでのNPO関連予算額の推移、改善内容、未だ改善されていない課題等について説明した後、事務局長:名越(なごや)修一の司会で午前10時からヒアリングが開始されました。
 途中、民進党大塚耕平代表から挨拶がありました。「NPO等は今や日本社会にとって重要な立場にある。我々の政権のときに“新しい公共”をやりだしたが、役所もNPOのサポートがなければやっていけないと実感している。今後の公共事業は、NPOが担っていかないとできない。NPOが予算面でも過不足なく仕事ができ、活躍できる社会を作り上げていくために努力したい」等と述べられ、最後に「来年以降もこのヒァリングは続けていく」と力強く約束されました。
平成30年度NPO関連予算公開ヒアリング  今回昼食時の意見交換会は行いませんでしたが、内閣府より我々NPOに関連するテーマとして、次の2点を詳細にレクチャーしていただきました。
@ 今回のNPO法の改正のうち「貸借対照表の公告」
A 「休眠預金等に係る資金の活用に関する法律の背景・概要」、「同基本方針(案)」及び「法律成立後のスケジュール」
 今回のヒアリングも、北海道から鹿児島まで全国から延べ100名弱の方々が参加されました。特に、自治体関係者も多数参加されていました。中央省庁からの説明者は、過去最多の107名でした。
 ヒアリングは、予定通り午後6時に終了。
 今回も延べ8時間超にわたる長丁場でしたが、多くの方々から活発な質疑応答がされ、年1回の貴重でかつ充実した1日でした。

平成30年度:NPO関連予算の特徴・問題点

平成30年度:NPO関連予算の計上・集計上の特徴・問題点

平成30年度:NPO関連予算の各省庁の特徴・問題点(通常事業の内数事案除き) 

NPO関連予算推移表(平成30年度〜平成29年度)

平成30年4月1日 【NPO推進ネット】
Copyright(C) 2003 - 2018 NPO SUISHIN NET. All Rights Reserved. サイトポリシー